レシピ カテゴリ レシピ アーカイブ
豆撰 お手紙レシピ

栃尾の油揚げと生きりこぶの煮物

2012.03.08

れいちゃんの一言

お元気ですか
おばあちゃんが言っていました。
「きりこぶは体にいいから食べなさい」と。
子供の頃は、好き嫌いをしてはいけないので、仕方なく食べていました。
でも、今は無性に懐かしくなり、食べたくなる一品です。
からだにいい味は年をとらないとわからないのかな?

<材料4~5人分>

栃尾の油揚げ・・・・1枚

生きりこぶ・・・・・150g

にんじん・・・・・・適量

干ししいたけ・・・・3~5枚

こんにゃく・・・・・適量

砂糖・・・・・・・・大さじ1

みりん・・・・・・・大さじ3

干ししいたけの戻し汁・・・約200cc

 

<作り方>

①きりこぶは水洗いして適当な食べやすい長さに切る。

②にんじんと油揚げ、こんにゃく、戻した椎茸は細く切る。

③鍋に①と②を入れ、椎茸の戻し汁を加え、材料が柔らかくなるまで中火で煮る。

④具材がやわらかくなったら、砂糖、みりん、醤油を加え、煮立たせる。

 

<ポイント>

お子様や病人食として、やわらかく煮ても良い。健康な方なら、少し固めに煮る。

栃尾の油揚げは、油抜きせずにお使いください。大豆と良質の油分が旨味を出します。

味付けは、食べる方の状態に合わせてください。

健康を考えている方、減量に挑戦しておられる方、お子様の離乳食に、また病人食としておすすめレシピです。

日本人の心の味、おばあちゃんの味は忘れていた何かを思い出させてくれるのではないでしょうか。

たくさんの人に和食って結構、簡単に作れることを知ってもらいたいと思っています。

豆撰
〒940-0205 新潟県長岡市栄町2-8-26
TEL. 0120-05-5006   FAX. 0258-53-2177   MAIL.aburaage@mamesen.jp

Copyright (C) mamesen All Rights Reserved.