レシピ カテゴリ レシピ アーカイブ
豆撰 お手紙レシピ

栃尾の油揚げ【骨ケア】煮物

2013.01.22

れいちゃんの一言

お元気ですか
小松菜はカルシウムの流出を押さえてくれるので
我が家には欠かせない、葉ものです。
でも小松菜だけではちょっと味気ない。
そこで、干ししいたけと栃尾の油揚げを使って
美味しい、骨ケアな煮物。我が家の定番料理です。

<材料2人分>

・栃尾の油揚げ 1枚 (イソフラボンが豊富)

・卵 2個 (たんぱく質が豊富)

・干ししいたけ 2枚 (ビタミンDが豊富)

・小松菜 4かぶ (ビタミンKが豊富)

※醤油 大さじ2

※酒 大さじ2

※ざらめ 大さじ1

[※専門だし醤油「和」2袋(約2倍に薄めて使用)で代用できます。]

 

 

<作り方>

①干ししいたけを水かぬるま湯で、前日にもどしておき、冷蔵庫に入れておく

②油揚げを8等分し、三角に切り分け、全部で16個くらいにする

③①のもどしたしいたけを細切りにしたものとしいたけの出汁、②の油揚げを鍋に入れ、約10分~15分煮込む

④酒→ざらめ→醤油を入れて、さらに煮込む

⑤味がしみこんだら、皿に取り分けておいた生卵をそのまま入れて3分~5分煮込む

⑥フライパンに少々の水と小松菜を入れて、蒸す

⑦できあがった⑤を小皿に盛り分け、小松菜を添え、煮汁をかけてできあがり

 

<骨ケア-骨が喜ぶ栄養素->

カルシウム摂取量が不足気味な日本人。吸収を高める栄養素と合わせて一緒に取りましょう。

 

今回の煮物で使用した・・・

「油揚げ」は、イソフラボン(女性ホルモンに似た働きで、骨からのカルシウム流出を抑える)

「しいたけ」は、ビタミンD(カルシウムの吸収を促進、骨の形成を助ける)

「小松菜」は、ビタミンK(カルシウムの流出を抑制する)

「卵」は、たんぱく質(若さを保つコラーゲン、骨の中でも重要な役割を果たす)

・・・などの栄養素を含んでいます。

 

これらのカルシウム吸収を助ける食品を一緒に摂取し、骨を喜ばせながら、丈夫な骨で、健康寿命を延ばしましょう。

豆撰
〒940-0205 新潟県長岡市栄町2-8-26
TEL. 0120-05-5006   FAX. 0258-53-2177   MAIL.aburaage@mamesen.jp

Copyright (C) mamesen All Rights Reserved.