レシピ カテゴリ レシピ アーカイブ
豆撰 お手紙レシピ

豆撰栃尾の油揚げおいなりさん生搾り豆乳リゾット

2018.06.07

れいちゃんの一言

昭和の時代は栃尾の油揚げ寿司といえば、大きな栃尾の油揚げで作るのが定番でした。
大きな油揚げを2等分にして、煮付けます。
酢メシをいっぱい油揚げに詰めて、輪切りにします。イカめしのイメージです。
運動会、遠足には必ず母にねだって、「あぶらげ寿司」を作ってもらいました。
家族一緒に食べるお昼のお弁当は愛情たっぷり、おいしさたっぷりでした。
豆撰ではこの懐かしい味を再現しました。
肉厚の豆撰おいなりさんの誕生です。
味付け調味料にはとことんこだわりました。
化学調味料は一切使用していません。安心安全の最高に美味しい、おいなりさんを作り上げました。
豆撰では栃尾寿司弁当として販売しております。イートインの人気商品です。

さて、今回は豆撰の「おいなりさん」を使って、リゾットを詰め込んでみました。

ぜひ、お試しください。

 

<材料2人分>

 

豆撰おいなりさん・・・1枚

ご飯・・・・・・・・・・・・・100g

きのこ類・・・・・・・・・・50g

玉ねぎ・・・・・・・・・・・50g

ベーコン・・・・・・・・・・30g

豆乳・・・・・・・・・・・・120cc

胡椒・・・・・・・・・・・・適量

塩・・・・・・・・・・・・・・1g

コンソメ・・・・・・・・・・1/4個

・粉チーズ・・・・・・・・お好み

・オリーブオイル・・・・10cc

 

 

<作り方>

 

① ベーコン、玉ねぎ、きのこ類ともに1cm角くらいの大きさのさいの目にカットします。

② 鍋にオリーブオイルを入れ、ベーコンと野菜類を加えて炒めます。

③ 材料に火が入りましたら、豆乳を加え、一煮立ちさせます。(お好みでコンソメ)

④ ご飯を加えて、混ぜあわせつつ、ご飯に味を染み込ませながら煮詰めていき、塩、胡椒で味を調えます。

⑤ 煮詰まりましたら、火を止め、余熱でチーズを和えていきます。

⑥ 最後に、おいなりさんに⑤を詰めて完成です。

 

<ポイント>

 

・野菜は、余り物などでok。

・④の塩コショウで味を調えたあと、オリーブオイルを少し加えると良いです。

 

 

 

 

豆撰
〒940-0205 新潟県長岡市栄町2-8-26
TEL. 0120-05-5006   FAX. 0258-53-2177   MAIL.aburaage@mamesen.jp

Copyright (C) mamesen All Rights Reserved.