レシピ カテゴリ レシピ アーカイブ
豆撰 お手紙レシピ

カリカリ豆撰あぶらげ栃尾うどん

2018.06.18

れいちゃんの一言

関西風に豆撰の栃尾油揚げをカリカリに焼いて、栃尾うどん「豆麵」に
トッピングしました。
カリカリと焼いた触感と香ばしいかおりがたまりません。
できる限り、豆撰の油揚げは細く切るのもポイントのひとつです。
もちろん、お蕎麦に、パスタにもお勧めいたします。

豆撰の油揚げを袋から取り出すと
大豆の香りがふんわりと広がります。これこそ昔ながらの生搾り豆乳だからのおいしさのヒミツです。
豆撰の油揚げだからこそ、香りとと風味が楽しめます。

焼いた油揚げを煮汁につけてお召し上がりいただくとさらに美味しくなります。
カリカリに焼いた油揚げは冷めてもカリカリで、美味しい。栃尾のうどんとの相性は抜群です。
新しい栃尾の油揚げの食べ方をおすすめいたします。

 

                                                                   

 

 

 

 

<材料 1人>

栃尾うどん(豆麺)・・・・・・   1袋  ※栃尾のうどんは1袋1人前です。

                                                                ※お鍋に入りやすい長さに工夫しています。

                       ※国内産原材料100%使用

 

・栃尾の油揚げ・・・・・・・・・・・・1/2  枚  

・豆撰の専門だし醤油「和」・・・1袋         ※化学調味料不使用です。

・大葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5枚くらい

・ミニトマト・・・・・・・・・・・・・・・・3個くらい

・オクラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・3個くらい

酢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「和」と同量

ごま油・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2

 

 

 

<作り方1人>

①沸騰したお湯約1、2リットルにとちおウドンヲパラパラと手早くいれます。

②箸でほぐしながら約4分から5分ゆでます。

③茹で上がったら手早くザルに移し、冷水で十分水洗いして出来上がりです。

④栃尾の油揚げはオーブントースターで焦げ目がつく程度に焼き、細切りにしておく。

⑤大葉はせん切り、ミニトマトは四等分に切る。オクラは湯がき2,3ミリにきる。

⑥「和」と酢とごま油を混ぜ合わせ、タレをつくる。

⑦③に⑤を盛り、氷と⑥をかけて出来上がり。

 

 

 

<ポイント>

※冷蔵庫にある生野菜ならなんでも刻んでトッピング。焼き豚やハムあしらえばボリューム満点。

※離乳食、介護食にはうどんを細かく切ってお使いください。

 

 

 

 

豆撰
〒940-0205 新潟県長岡市栄町2-8-26
TEL. 0120-05-5006   FAX. 0258-53-2177   MAIL.aburaage@mamesen.jp

Copyright (C) mamesen All Rights Reserved.