レシピ カテゴリ レシピ アーカイブ
豆撰 お手紙レシピ

栃尾の油揚げおでん

2014.11.05

れいちゃんの一言

寒いこの季節、あったかいものが恋しくなります。
そんな時
栃尾の油揚げとざるとうふで作るがんもは最高においしい。
野菜と油揚げだけでも美味しいおでんになります。
たっぷりと野菜中心のおでんは
健康で美味しいそして簡単にできます。

<材料4人分>

・栃尾の油揚げ・・・・・・・2枚

・厚揚げ・・・・・・・・・・2個

・大根・・・・・・・・・・・2分の1本

・にんじん・・・・・・・・・小1本

・コンニャク・・・・・・・・小1枚

・たまご・・・・・・・・・・4個

・豆乳入りソーセージ・・・・・・・・4本

・インゲン・・・・・・・・・適量

・結び昆布・・・・・・・・適量

・栃尾の油揚げ専門だし醤油「和」・・5袋

・水・・・・・1.5L

・塩・・・・・適量

・みりん・・・少々

 

<作り方>

1.栃尾の油揚げを6等分に切り、それをさらに三角に切る。

2.厚揚げは1個を三角に切る。

3.大根、にんじん、コンニャク、インゲンはお好みの大きさに切る。

(大根とコンニャク、インゲンは下ゆでしておく)

4.たまごは固めにゆで、殻をむいておく。

5、大きめの鍋に水を入れ、油揚げ、大根、コンニャク、たまご、にんじんを入れ煮立たせる。

6、栃尾の油揚げ専門だし醤油「和」と結び昆布を加え、さらに中火で煮込む。お好みに合わせ、みりんと塩を少々加え、味を調える。

7、具材に味がしみこんだら、厚揚げとソーセージを入れ、さらに少しだけ煮込む。

8、厚揚げとソーセージに火が通ったらインゲンを入れて出来上がり。

 

ポイント

栃尾の油揚げには穴が開いていますが、これは油揚げに金串を刺して油切りをするときに開いたものです。

しっかりと油切りをしていますので、調理前に熱湯をかけて油抜きする必要はありません。むしろ、油抜きをすると油揚げの旨味を流してしまいます。また、厚揚げとソーセージは煮込みすぎず、火が通った程度の方が美味しく召し上がれます。出来上がったおでんは、半日程おくと味がしみこみ、さらに美味しくなります。

豆撰
〒940-0205 新潟県長岡市栄町2-8-26
TEL. 0120-05-5006   FAX. 0258-53-2177   MAIL.aburaage@mamesen.jp

Copyright (C) mamesen All Rights Reserved.